キムタク 洋服

アラフォー男の恋愛テク【進藤アラタ公式ブログ】

  • 90日で100人の女性と出会ってカノジョGet

キムタクに洋服をもらいました

読了までの目安時間:約 5分

 

150807ara4_kimutaku02

From: 進藤アラタ
@横浜のプライベートオフィス

母親と妹からいつも

「お兄ちゃんダサ過ぎっ!」

ダメ出しを喰らってるのを見かねて


キムタクに相談してみたところ・・



数日後。




キムタクからワードローブが

自宅に送られてきた。



「よしゃ。これで今日からオレもお洒落だ!」と、

ワクワクしながら届いたばかりの洋服に袖を通して

リビングに降りていく。



果たして感想は?




「お兄ちゃん。やっぱダサい!」

「あなたは何を着てもダサいのね~」


と、母親と娘からの評価は変わらず。




ざーんねんっ!




これは、明石家さんまが息子 二千翔(にちか)が

母親(大竹しのぶ)と娘(IMALU)に

「モテない」「ダサい」と馬鹿にされているのを見て

キムタクに相談した時のエピソード。



「さんまさん、優しい!」とか

「キムタク気前いいなぁ。かっけぇ~」とか、

「大竹しのぶとIMALUひどいなぁ~」とか。


色々、感想ありますが・・

やっぱポイントはココですよね!



キムタクの服を着てもダサい男はダサい!
 ↑
 ↑
これです。コレ。



私が考えるに、どんなにお洒落な服を着ても

ダサくなってしまう原因は4つです。


・組み合わせ

・シルエット

・体型

・雰囲気




組み合わせ


どんなにオシャレなアイテムでも

組み合わせ方が下手クソだと、

どうしてもちんちくりんになります。



以前に、お洒落の基本について紹介しましたが、

最低限のルールで構わないので

基礎中の基礎ぐらいは押さえる必要があります。


→ モテない男のファッションに対する危険すぎる誤解



シルエット


今回の二千翔さんが「ダサい」と言われた

最大の原因がコレだと思ってるんですけど・・



ようするに身体にマッチしてない服を

着ていたってことだと思います。



「身体にマッチしてない」というと

サイズの話をしていると勘違いする人がいます

似ているようで違います。



シルエットを意識した洋服選びってのは、

とにかく「見た目」を重視したサイズ感で

洋服を選ぶってことなんです。



「あ。なんか肩の所がちょっと窮屈」とか、

「歩く時に太ももの辺りがちょっと突っ張る」とか、

「靴が少し大きいかなぁ」とか。


「快適さ」を考えながら洋服選んでる人は、

ヤバイ傾向にありますね。




体型がダルダル


年とともに代謝が落ちていくので

体型って崩れやすくなっていきます。


でも「年だからしょうがない」って

何もしてない人は年相応のダサ男になります。



「女性の見た目を重視して選びたいなら、

コチラも最大限、見た目を磨くのは最低限のマナー」



ライザップに通って頑張れとまでは言いませんが

日々のちょっとした努力でかなり変えられます。

(ニーズあれば、いつか、その辺も話します)



雰囲気がダサい


「雰囲気がダサい」と言われてしまうと

元も子もないような気がしますが、

モテを意識して正しい努力で作ることは全然可能です。


姿勢だったり、表情だったり、

発声法や立ち居振る舞いでかなり変わります。



今回のまとめ


明石家さんまさんの息子(二千翔さん)が

キムタクから洋服もらって着てみてもダサいのは、

なぜなのか?という原因について考えてみました。



案外、自分が考えている問題点と

本当の問題点って違うことが多いです。



逆に言うとポイント押さえて

正しい努力をすることで

大きく変わることが出来るってこと。



男を磨いて、もっともっとモテを

追求していきましょう!


進藤アラタ



P.S. 最近、眠っても眠っても眠いです^^;

暑さで深い眠りが出来てないってことかなぁ。


進藤のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックで応援して頂ければ嬉しいです!



恋愛 ブログランキングへ


 

みだしなみ ファッション メルマガバックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント