お見合いパーティー 終了後 出待ち 有効

アラフォー男の恋愛テク【進藤アラタ公式ブログ】

  • 90日で100人の女性と出会ってカノジョGet

お見合いパーティー終了後の出待ちは有効?

読了までの目安時間:約 6分

 

151128ara4_demati02

From: 進藤アラタ

早いもので11月最後の週末。



今日のお見合いパーティーは

どこも盛り上がるはず。


カノジョ居なくて、

時間有る方は絶対参加した方が良いです!




やっぱりお見合いパーティーは

会場で顔を合わせているので

ネットの出会いなんかと較べて

その後の展開が圧倒的に早いのが魅力。



まだ、クリスマスイヴには

十分に間に合いますからね!



ところで、、



お見合いパーティーに参加してみたものの

残念ながらカップル不成立。



という哀しい結果に

終わってしまうことってありますよね。



かくいう過去の私が

なかなかカップルになれず

相当苦しんだんですけど。。



でも、パーティーが終了しても

お見合いパーティーには

まだまだチャンスが残されています。



その一番代表的なものが

「出待ち」です。




今回は、パーティー終了後。



「出待ち」でチャンスを広げる方法

について解説します。



出待ちのやり方


パーティー終了後に

パーティー会場の出口で

女性が出てくるのを待ちます。



んでもって、カップル不成立した女性で

好みの女性を見つけて声を掛けます。



会場の出口すぐだと目立つので

5~10mくらい離れた所で

声を掛けると良いですよ。




あんまり会場から離れると

今度は、単なるナ ン パと間違えられるので

声を掛ける位置取りも案外大事です。



声を掛ける際は後ろからではなく、

女性が通り過ぎた後に

横に並んでからが良いです。



正面から声を掛けると怖がられますから。



あと、横から声を掛ける際ですが

真横だと顔がわからず驚かせるので

女性よりも1歩前に出てから

声を掛けた方が女性が安心します。



声かけのフレーズ


ぶっちゃけ、そんなに気にする必要ないですが

「挨拶+誘い」でOKです。



たとえばこんなカンジ。


「あ。こんにちは。●番の進藤です。

良かったら軽くコーヒーだけでも

一緒に行きませんか?」




ポイントは「●番」と添えることで

パーティー参加者ってことを

わからせてあげること。



あとは「軽く」と付け加えて

”ほんの少しの時間”という印象を

女性に与えることです。



とにかく、軽い誘いってことを

相手に訴求していく。




ちなみに、、



女性がズバッと断ってきても

2、3回くらいは粘って下さい。



女性の立場からすると

急な誘いで驚いて却下してるってのも

十分にあり得すからね。



出待ち成功後にすべき事


女性がコチラの出待ちに応じて

カフェに付き合ってくれた場合。



ここで満足しちゃダメです。


ここからが勝負!



じゃあ、何をしていくのか?

ってことになりますが

基本的には後日の食事に誘います。



とはいえ、、


パーティーでカップルになれてない以上、

OK取るのはちょっと難しいのが現実。



1対1での誘いが難しい場合は、

飲み会設定をお願いするなどして

広げていくようにしましょう。



飲み会を開催して友達を誘ってあげることで

そのうちの何名かはお返しで

飲み会に招待してくれたりもします。



また、繰り返し会っていくことで

魅力を伝えるチャンスも広がるので

自分自身の可能性も残せますから。



今回のまとめ


パーティー後に会場で出待ちして

女性に声を掛ける。
 ↑
 ↑
コレ、最初はすっごく勇気要ると思います。



ですが、実践してみると

案外、成功します。




なぜなら、パーティーで会話しているので

ぜんぜん赤の他人じゃないからです。



もし仮にダメだったとしても

チャンスを使いきった満足度は

確実に得られます。



ぜひ勇気を出して

チャレンジしてみて下さいね!



進藤アラタ




P.S. パーティー会社の中には

「出待ち」が出来ないような仕組みになってるとこもあります。



その辺も踏まえてパーティー会社えらぶと

なお良いと思いますよ。


進藤のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックで応援して頂ければ嬉しいです!



恋愛 ブログランキングへ


 

お見合いパーティー メルマガバックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント