よく似た 2人 男

アラフォー男の恋愛テク【進藤アラタ公式ブログ】

  • 90日で100人の女性と出会ってカノジョGet

よく似た2人の男

読了までの目安時間:約 5分

 

150528ara4_hutari02

From: 進藤アラタ
@横浜のプライベートオフィス


今から3年前。


同じ会社に、


SEとして働く、

同期で、2人の男性がいました。



彼らはとてもよく似ていました。



二人とも

とりわけ顔が

カッコイイわけでもありません。



体型も中肉中背。



世間的に見て、

ごくごくありふれた

2人の男でした。



彼らの恋愛経験は、

それぞれ大学時代に

たったの一度きり。




大学を卒業してから

10年間まともに

カノジョはいません。



たまに出会いのチャンスが

あったとしても、

女性たちからは

男としての興味を持ってもらえず・・



運良く、初デートに

行けることはあっても

2回めのデートに

繋がることもありません。



男友達も少なくて、

経済的にも、

時間的にも

頻繁に合コンに

参加できるというわけでもありません。



ましてや自分から

合コンやBBQなどの、

出会いの場を

積極的に主催するような

タイプでもありません。



彼らは、ただなんとなく漠然と

「カノジョが欲しい・・」と

考えていただけでした。





そんな彼らが、

先日、同期で集まる

社内研修でバッタリ再会したのです。



彼らは相変わらず、

とてもよく似ていました。




顔も体型も

3年前とほとんど変わらず、

年収も職位も

以前と同じで、働いていました。



しかしこの二人には、

3年間でひとつだけ

大きな違いが生まれていたのです。



一人の男は相変わらず彼女も出来ず、

ひとりぼっちの日々を

過ごしていました・・・



しかしもう一人は違いました。



現在1年以上、

真剣に付き合っている

9才も年下の

20代の可愛いカノジョと

同棲していたのです。



さらに聞く所によると、

来年結婚する約束まで

交わしてるとのこと。



そうです。



もう一人の男性も、

決して見た目や条件は

代わり映えはありませんでしたが、


彼は3年間のうちに、

数少ないチャンスを

着実にモノにできる男になっていたのです。



一体何が、

二人の間に

大きな違いを生んだのか?




大きな違いを生んだのは、

2つの要素です。



1つ目の要素


まず1つ目の要素は、

男と女の間にある、

デートに対する考え方の違いを

知ったことです。



男にとってのデートって、

「好きな女性」や「好みの女性」と

一緒に行くものですよね。



つまり、基本的には

「デート」=「好き」で、

デートが成立しているわけです。



一方で、女性にとってのデートは、

「とりあえず行ってみる」でも、

成立してしまうものなのです。



え!そんなバカな?

って、思うかもしれません。



ですが、とある新聞社の、

アンケート結果によると、

74.6%の女性が、

「興味のない男性から誘われたデートでも、

OKすることがある」と、

回答しているのです。



つまり、女性にとってのデートは、

男性とは違って、

「デート」=「好き」ではなく、

「デート」=「とりあえず」ということなのです。



ひょっとしたら、あなたは、

「その違いの何が問題なの?」

って、思うかもしれません。




ですが、このデートに対する

モチベーションの差は、

非常に重要ですよ。



なぜ重要なのか?

については、

次回のメールでお伝えしますね。



お楽しみに!

→ 次の記事はコチラです。


signature01



P.S. 恋愛初心者向けのデート教材はコチラ。

→ http://ara4konkatu.info/ara4date-semi/

※あと4日で販売終了


P.S. 久しぶりに連載ネタです。

長編になりそうですが、頑張ります!



進藤のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックで応援して頂ければ嬉しいです!



恋愛 ブログランキングへ


 

メルマガバックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント