デート中 沈黙 解決策

アラフォー男の恋愛テク【進藤アラタ公式ブログ】

  • 90日で100人の女性と出会ってカノジョGet

デート中に沈黙。3つの解決策

読了までの目安時間:約 6分

 

150516ara4_tinmoku02

From: 進藤アラタ
@神田のサンマルクカフェ


今日は私の主催する

恋愛初心者向けの恋愛塾

「マスタースクール」の第2回セミナー。


午後からガッツリ講義をする前に、

セミナー原稿の最終チェックをして、

準備を万全に整えているところです。




ところで・・



女性との会話で、

「すぐに会話ネタが尽きてしまう」という

悩みを抱えている人っていると思います。




女性との会話で間が持たないってやつです。



一番、驚いたのは、

お見合いパーティーの

自己紹介タイムで、

会話ネタが尽きるっていうケースです。




もし、あなたが、

過去にお見合いパーティーに

参加したことがあるならば、

お解りだと思いますが・・



お見合いパーティーの

自己紹介タイムって、

たったの3分です。



にも関わらず、

会話が続かないっていう悩みを

抱えていたりするわけです。



そんな方に対しては、

「事前に会話ネタを準備していこう!」と、

アドバイスしているのですが、

それでも会話に沈黙してしまうことって、

ありますよね?




たとえば・・



相手の女性が、

めっちゃ口下手だった。とか、




あらかじめ用意しておいた会話ネタを

ぜんぶ使いきってしまった。とか、




緊張して、頭の中が、

真っ白になってしまった。とか、



いろんなケースがあると思います。



そんな時どうするか?



私がおすすめする3つの方法を

伝授しちゃいます。



◆1つめ


「無理に話そうとしない」です。


女性との会話中に、

沈黙してしまった時。



無理に沈黙を埋めようとすると、

お互いに焦りとか、

プレッシャーを感じてしまいます。



ですから、そのような時は逆に、

沈黙を楽しむというのも

1つの方法です。



完全に沈黙するのが嫌ならば、

「そっか、そっかぁ~」とか言いつつ、

間をつなぐのも良いですし、

「ふぅ~、なんかマッタリしてしまった」とか、

自分の感情を素直に表現するのも良いです。




◆2つめ


2つ目の方法は

「トイレに行く」です。



2人で会話している最中に、

沈黙が訪れたら、

「ちと、トイレ行ってくる」と、

席を外してしまえばOKです。



会話が途切れたタイミングで、

席を立つわけですから、

めちゃめちゃ自然です。



ちなみに・・


「トイレに行って帰ってきたら、

どうするの?」



って、思う人もいるかもですが、

いったん流れを切っているので、

気分がリフレッシュされて、

会話が再開しやすくなってるんで、

そんなに心配する必要はありません。



どうしても心配ならば、

トイレに行ってる最中に、

次の会話ネタを考えたり、

スマホで情報仕入れると良いです。



グノシーとかで、

面白ネタを仕入れましょう(笑)



◆3つめ


3つ目の方法は2つ目に

似ていますが・・


「店を変える」です。



会話が沈黙したタイミングで、

「じゃあ、そろそろ出よっか」といって

お店を出てしまえばOKです。



場を切り替えることで、

2人の関係性もまたリフレッシュされるので、

実行してみると、結構使えるテクってことが

わかると思います。



◆まとめ


女性との会話中に「沈黙」が来ても、

べつに恐れる必要はありません。


あらかじめ想定しておけば、

恐れもなくなりますし、

場の雰囲気を変える事もできます。



女性の中には

「沈黙しても自然だった」という空気感を

フィーリングが良いと感じる女性もいるくらい。




べつに悪いことでも

何でもないです。



大事なのは、焦らないこと。


それだけ!



男たるもの、常に余裕ある態度で、

女性に接していきたいものですよね。



signature01


P.S. 会話ネタも大事ですが、
デートの戦略の方が100倍重要って知ってましたか?


恋愛初心者向けのデートの戦略
 ↓
http://ara4konkatu.info/ara4date-semi/

※5月末で販売終了


進藤のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックで応援して頂ければ嬉しいです!



恋愛 ブログランキングへ


 

メルマガバックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント