割り勘 男 セコい

アラフォー男の恋愛テク【進藤アラタ公式ブログ】

  • 90日で100人の女性と出会ってカノジョGet

割り勘する男はセコい!

読了までの目安時間:約 6分

 

150512ara4_warikan02

From: 進藤アラタ
@横浜のプライベートオフィス


「じゃあ、3,000円で!」


初めての二人きりの食事。



お酒と料理。

楽しい会話。


二人きりの時間を

満喫したあとの会計時。



伝票の金額を見て、

このセリフを言おうかどうか?

迷ったことってありますか?



ぶっちゃけ、わたしはあります(笑)




当時の私の心理としては・・・



「そもそも付き合ってもない女性に対して、

なんで、オレがおごってあげなきゃ

いけないんだよ。」とか、




「男が払うって、

勝手に決めつけてんじゃねーよ」とか、


(世間に対して逆ギレ気味だったw)



「じつは明日も別の子と初デートだから、

連続で全部おごりはツライなぁ」とか、


(3日連続、別の女性とデートしてた時はキツかった)



こんな感じで考えてました。




現在の私の考えでは、

初回デートは、

絶対に絶対に絶対に

「男が全額オゴッた方が良い」です。

(当たり前すぎることなんですが^^;)



20代前半の男性ならともかく、

30代以上ならば、もう迷う余地はありません。



「初デートは男が全額おごる」が、

無条件&ノーチョイスの

決定事項となります。




「でも、やっぱり全額おごりはキツイっす」とか、

ウダウダ言う男もいるのですが、

今日は、そういうウダ男に対して

お説教するつもりはありません。




逆に、女どもに一言いいたい。




男が割り勘すると、

「ありえない」とか、

「セコい!」とか、

「度量が小さい男だ」とか、

言ってくる女共がいます。




正直、私はこーいう意見を聞くと、

めちゃめちゃハラが立ちます。



私に言わせれば・・・



「食事をして一銭も払わないことが、

”当然”と思っている感覚」

   ↑
   ↑
この考え”こそ”「あり得ない」。



「セコい!」とか、

お金を払わされたことに対して、

グダグダ言ってるその女性”こそ”

「セコい!」と思う。




「度量が小さい男だ」とか言っちゃう

この考え”こそ”「度量が小さい」と思う。



いや。

「度量」というよりは、

「器量」が小さいと思う。



女性に気前よくオゴッてあげたくても、

どうしてもお金が無くて、

困ってる局面だってあるわけです。




たとえば3日連続で、

デートの予定が入ってる時とか(笑)




デートに来るのに女性は、

メーク代がかかる。


洋服代がかかる。


なんなら、髪の毛切ったり,

セットしたり、

美容室代だってかかっている。


ネイル代だってかかってるかもしれません。




そんなことは、わかってます!




でも、そういった準備って、

自分がしたいから、

したわけであって、

デート代をオゴッてもらう為に

準備したわけではないでしょう?



ですよね?




自分が自発的に「したい」と思ったことに対して、

「見返りを求める」のは違うと思う。




その「見返り」を返せない男に対して、

「セコい」とかいう考えが「セコい」と思う。




だ・が・し・か・し・・・!




私は男が、

デート代を割り勘にしてもOK!とか、

割り勘を嫌がる女なんて振ってしまえ!

とは思いません。



それはまた別の話。



割り勘をオファーすることで、

フラれるリスクが高まるぐらいなら、

もう無条件でオゴッちゃえよ。

と、思う。



イチイチ迷ったあげく、

数千円をケチることで、

目の前の女性との可能性が消えてしまう。



だったら、迷わず払っちゃいなよ。と。



心の底から

男が全額払ったほうが

良いと思ってます。



でも、割り勘をオファーしたから、

セコい!とか言ってくる女は、

本当に我慢ならない。



今日は本音をぶちまけてみました。



あー、スッキリした(笑)


signature01



P.S. 「一言いいたい」とか言いながら、
3つくらい言ってしまった(笑)


P.P.S. 初回デートから2回めのデートに繋げない!って、
男性はかなり多いです。

デート代の割り勘うんぬんも関係ありますが、
でも、本当の理由って、以外なところにあるんです。

→ http://ara4konkatu.info/ara4date-semi/

※5月末で販売終了


デートに悩んでる方は、お早めに!


進藤のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックで応援して頂ければ嬉しいです!



恋愛 ブログランキングへ


 

メルマガバックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント