脳内フェロモン

アラフォー男の恋愛テク【進藤アラタ公式ブログ】

  • 90日で100人の女性と出会ってカノジョGet

脳内フェロモン

読了までの目安時間:約 6分

 

150514ara4_nounai03

From: 進藤アラタ
@横浜のプライベートオフィス



女性と話すことは出来る。

会話もとぎれない。

沈黙することなく話せる。





でも・・



なぜかモテない。

口説けない。

相手にされない。



当然のことながらカノジョも居ない(涙)



もし、あなたがこれらのポイントに、

思い当たるならば・・



「脳内フェロモン」の出し方が、

わかってないのが、原因カモ。




「脳内フェロモンって何ですか?」と、

いう方もいるかもしれません。



「脳内フェロモン」は、

もともと人間の脳内にある快感物質のこと。



人間の脳を正しく刺激することで、

分泌させることができる

「気持ちィィイイイ・・」と、

させてしまう、分泌物のことです。




「分泌物」とかいうと、

少々むずかしい印象もありますが、

ようは、女性の脳内に、

フェロモンを発生させることです。




さて、これからその方法を

あなたにお伝えする前に質問させて下さい。



あなたの脳はどんな時に

「気持ちイイ!」って、

感じますか?



「めちゃ楽しい!」って、

思いますか?



「快感」を覚えますか?



答えは、色々あると思いますが、

「達成感」って、

気持ち良い感情の1つですよね。



たとえば、クイズ番組を見ていて、

問題が出題されました。


CM明けに回答が発表されたところ、

自分の答えが大正解!



こんな時、嬉しい気持ちになりますよね?

ちょっとした「達成感」を感じますよね?



周囲に家族や友人が居る時ならば、

思わずドヤ顔してしまうかもしれません。



部屋に一人ぼっちだったとしても、

思わず「やった」と、

つぶやいてしまうかもしれません。



いずれにせよ「気持ちイイ!」と、

思ったんじゃないでしょうか。



「あー、なるほどね。」って、

思いましたか?



で!


この仕組みを利用して、

女性と会話してみよう!

っていう、ことなんですよ。



たとえば、自分のことについて話す時。



あからさまに直球で、

自分の事を話すのではなく、

あえて、少し考えさせるような感じで、

女性に伝えてみるんです。



たとえば・・


◆普通の話し方(直球トーク)


「オレは商社で働いていて、

海外とかも、よく出張にいくんだよね。

だから英語も結構、話せるぜ!」




ド直球で自分のことを話してますよね。


特に面白みが無いだけでなく、

なんか、自慢されている感じがして、

悪い印象を持ってしまいそう^^;




次は、同じ意味のことを

「脳内フェロモンを刺激する話し方」

で、言ってみます。



◆脳内フェロモンを刺激する話し方


「この前、出張でロンドンに3週間滞在したんだけど・・」

って、言ってみるわけです。



2つの違いわかりますか?



「脳内フェロモン刺激トーク」は、

直球トークのように、

直接なにもかも打ち明けるのではなく、

間接的に、情報を開示するってことなんです。




こんな感じで、

女性に少し考えさせつつ、

会話できるように意識する。



これが「脳内フェロモン刺激トーク」です。



ほんのちょっとの工夫ですが、

反応がググっと変わります。


ぜひ、試してみて下さいね!



ちなみに・・


いくら「女性に考えさせるトーク」が、

良いからといっても、

難しすぎるような、

ぼかし方はダメですよ。



あまりに脳に負荷がかかると、

「フェロモン」どころか、

「ストレス」を与えてしまいますんで(笑)




あくまで、ほんのちょっぴり考えれば、

簡単にわかる程度に、

伝えてあげるのがポイントです。


おためしあれ~。


signature01


P.S. 脳内フェロモンを発生させる「トーク」以外に、
こんな方法も有効です。

2回めのデートにつなげられない。

何度デートしても口説けない。

いつも友達止まりになってしまう。

そんな悩みに対する答えがココにあります。

→ http://ara4konkatu.info/ara4date-semi/

※5月末で販売終了


進藤のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックで応援して頂ければ嬉しいです!



恋愛 ブログランキングへ


 

メルマガバックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント