言わなきゃ良かった

アラフォー男の恋愛テク【進藤アラタ公式ブログ】

  • 90日で100人の女性と出会ってカノジョGet

言わなきゃ良かった

読了までの目安時間:約 4分

 

150421ara_iwanakya02

47才の今なお、
現役を続ける、
キング・カズに向かって、

「もう、引退しなよ」と発言して、
張本氏のブログが大炎上した件。


張本氏は、1週間後に一転して、
カズに「あっぱれ」と言ったそうですね(苦笑)


内容的には、
張本氏の引退勧告に対して、

「僕は、もっと活躍しろよ。という激励と思ってる」



という、
カズの前向きなコメントに対して、

張本氏は「あっぱれ」
と、言ったらしいんですが。。。


今更「手のひら返し」されても、
時すでに遅し。ですよね^^;


完全に「男を下げた」感が、
否めない結果になりました。




そういえば、恋愛においても、
ちょっとした一言をきっかけに、
「男を下げる」っていう局面ありますよね。



たとえば、
「好きです!付き合ってください」

っていう「告白」とか。


「手、つないで良い?」

「キスしても良い?」

「これからホテルに行こうよ」


なんていう、誘いの言葉を言って、


女性から、
「ダメ」とか「嫌だ」と言われてしまったら?


普通の男性なら、

ここでガッカリしてしまったり、

動揺してしまったり、

強引に突破しようとして、さらに嫌われてしまったり、

「男を落とす」局面になる可能性は”大”です。


でも、逆にこの状況で、
上手く切り返すことによって、
「男を上げる」というケースもあります。


というか、進藤の場合は、

常にダメだった時のことも考えて、
女性を誘うようにしています。


すると、どうなるのか?


え!この人なんかスゴイ♪

え!面白いじゃんこの人。

あら。そう来るんだ(笑)。とか。



ピンチの状況だったにも関わらず、

女性から逆に「尊敬」や「笑顔」など、
プラスのリアクションを引き出せます。



ズバリ、これが進藤の”強み”です。


つまり、上手く行きやすい方法を考えて、
実行するのは当然だけど、

ダメだった場合の「リカバリー」も、
事前に考えておく。


ってことです。


「リカバリー」を準備しておくと、
精神的にも余裕が生まれ、
冷静になれるというメリットもあります。


というわけで、
あなたもリスクのある誘い(オファー)を
女性に投げかける時は、

必ず「リカバリー」を
準備して挑むようにしてみて下さい。


リスクのあるオファーをして、
断られてから考えるようなことしてると・・

「男を下げる」行動をしてしまう
可能性が、めちゃ大きいですから。


こういった事前の備えがあると、
びっくりするぐらい、
女性からの反応が変わりますよ。




P.S. 最近、コンビニで販売されている
ドーナツにめっちゃハマってます。

近所のコンビニで、
いろいろ食べ比べてみたりしてるんですが・・・

やっぱ、セブン-イレブンのが、
クオリティ高いですよね(・∀・)



進藤のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックで応援して頂ければ嬉しいです!



恋愛 ブログランキングへ


 

メルマガバックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント