町田 逆ナンパ

アラフォー男の恋愛テク【進藤アラタ公式ブログ】

  • 90日で100人の女性と出会ってカノジョGet

町田で逆ナンパ?

読了までの目安時間:約 9分

 

150515ara4_gyakunanpa02

From: 進藤アラタ
@横浜のプライベートオフィス


私がまだ、大学生だった頃。


当時「町田」という、

ちょっぴり大きな街を利用していました。




「町田」は、

新宿、渋谷には全然かないませんが、

そこそこ大きな規模の街です。



駅前には・・


・丸井
・東急デパート
・東急ハンズ
・ジョルナ
・ダイエー



など。


大規模のファッションビルや

スーパーがあり、


飲食店も沢山ある。



大き過ぎず、小さ過ぎず、

わざわざ新宿、渋谷まで、

電車に乗って行かなくても大丈夫。



洋服もCDも、生活雑貨も

なんでもひと通り揃えられちゃう

使い勝手の良い街です。




気温がだんだん上昇してきて、

街ゆく人たちの服装が、

次第に薄着になっていく。



5月下旬頃のことだったと思います。




その日は、大学の講義が早く終わり、

バイトまで3時間ほど余裕があったので、

町田をぶらつくことにしました。




地下の改札を抜けて、

コージーコーナーがある

地上へと続く地下街を歩いていたところ。

(今もあるか分からないけど^^;)



視界の端に、

女性が手を振っているのが、

目に入りました。





最初は

「誰に手を振ってるんだろ?」

なぁ~んて思いながら

完全に他人ごとで、

そのまま歩き続けていると・・




ショーウィンドウのガラスを一枚隔てた

向こう側にいる女性も

並行して歩きながら手を振ってます。




「ん?

ひょっとして、ひょっとして、

あの女性、オレに手を振ってる?」





手を振っている女性を見ると、

スラっとした均整の取れた

7頭身スタイルのロングヘア。




鼻筋が通ってて、目は大きくて、

少し肉厚な唇とのミスマッチが

ちょっとしたセクシーさを漂わせている

けっこう魅力的な女性だったんです。




正直、こんな綺麗な女性が、

私なんかに手を振るなんて・・




「サークルの先輩?」とも

一瞬、思いましたが、

見た感じ、もうちょっと年上そうだし。



バイト関連など、知り合いの中にも

思い当たる女性は居ません。





あまりにも綺麗だったので、

それとなく二度見したところ・・


まだ手を振っている。



しかも、明らかに私に向けて、

手を振っていることがわかった。



「ん?どうしたんだろう?」



「逆ナン」とか、下心とか無しに、

純粋に「どうしたんだろう?」と思ったので、

その女性のいる建物に入っていき、

カウンター越しに、話しかけることにしました。




「あの。誰かと見間違いですよね?」



おそるおそる、

自分にめっちゃ手をふっていた女性に

声を掛けてみたところ・・。



「いえ。あなたに手を振っていたんです。」と、

女性が答える。



「え。どうしてですか?」



なんか、少し嬉しい気持ちと、

怪しい気持ちが入り混じった、

複雑な感情を抱きつつ、

その女性に聞き返したところ、

すぐに謎が解けました。




「じつは先週、新しく入荷した、

このネックレスなんですけど、

良かったらいかがですか?」



と、アクセサリーのセールストークが、

始まったのです^^;



しかも、そのアクセサリーは、

明らかに女性モノ。



「いや。私は男ですし・・・」と、

女性慣れしていない当時の私は、

少し口ごもりながら答える。



「カノジョにプレゼントで、

買ってあげたら喜ぶよ。」


即座に切り返されました。



「いや。カノジョなんて、

いないですよ。」と、

素直に打ち明けると・・



「じゃあ好きな女性とか居ないの?

プレゼントであげたら絶対喜んでくれるよ」と、

負けじと女性も切り返す。



もちろん、バツグンの笑顔は

キープしたまま(苦笑)





女性がそのネックレスを手にとった瞬間に

6万円と手描きで小さく書かれた

値札がチラリと見えたので、


「いや。今お金ないし・・・」と、

素直に自分の懐事情を打ち明けて、

帰ろうとすると・・




「カードで分割払いもできますよ」

すかさず答えが返ってくる。



こんな感じで、

どんどん会話が進んでいき・・



最終的に、

かなり購入の直前まで、

追い込まれてしまったんです。





結果的に、私はそのネックレスは、

購入しませんでした。




でも、買わない理由や、

買えない理由を伝えるたびに

論破されてしまう。



かなり追い込まれました。



そして、ホントのホントに

ネックレス購入の直前まで

行ってしまいました。



たぶん、仕送り直後や

バイト代入った直後なら、

買ってました(笑)




おそらくマニュアルで、

セールストークが

用意されてるんでしょうね。




おそるべきテンプレートです(苦笑)




でも、これって恋愛にも通じる部分あると思います。



予め展開が読めていることって、

テンプレートで対応できるってことです。



もちろん100%攻略できるわけじゃないですが、

成功率を引き上げることは、

出来ると思って間違いありません。



たとえばデートのプランだったり、

女性との会話ネタだったり、

ホテル前の「行く、行かない」の攻防だったり(笑)



全部が全部、100%筋書き通りにいかないまでも、

ある程度のながれって同じです。



予め徹底的に「起こること」を想定して、

可能な限り、手をうっておく。




恋愛慣れしていて、対応力や応用力の高い人には、

そんなのガラクタだよ。

って、感じられるかもしれません。



でも、恋愛経験の少ない

「恋愛初心者」には、

少なからず有効だと思います。



恋愛が苦手な人は、

とにかく予想を立てて、

可能な限り準備する。



という意識を持つと、

勝率を上げられるのは間違いありません。



なぜなら、私がそうしてきたから。



あなたも自分専用の

恋愛テンプレートを作ることをおすすめします。


signature01



P.S. 自分自身でデートのテンプレートを作るなんて、
かなり手間がかかるし、大変だよ。

という方には、コレをおすすめします。

→ http://ara4konkatu.info/ara4date-semi/

※5月末で販売終了



進藤のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックで応援して頂ければ嬉しいです!



恋愛 ブログランキングへ


 

メルマガバックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント