LINE 死に番 復活 秘訣

アラフォー男の恋愛テク【進藤アラタ公式ブログ】

  • 90日で100人の女性と出会ってカノジョGet

LINEの死に番を復活させる秘訣

読了までの目安時間:約 6分

 

150818ara4_line_hukkatu02

From: 進藤アラタ
@横浜のプライベートオフィス

LINEの死に番を復活させるには、

たったひと言メッセで十分です。




具体的にどんなメッセージを

送れば良いのか?は、

前回、あなたにお伝えしました。


→ 前回の記事「Lineの死に番を復活させる方法」はコチラ


ただし!

ただ復活メッセージを送れば

関係が復活するのか?というと

そんなに世の中甘くありません。



たった1つ、超重要な秘訣があるんです。


その秘訣とはズバリ!



超重要な秘訣


死に番になったLINEに

「生きてる?」ってメッセして、

返事がかえってくるための

最重要な秘訣は”タイミング”です。



返事が返ってくるか?

返って来ないか?


はたまた・・


既読スルーされるか?


この”タイミング”にかかっていると言っても

決して過言ではありません。


レスが返ってくるタイミングを

狙う必要があるんです。



レスが返ってくるタイミング


じゃあ、果たしてどういうタイミングを

狙っていけば良いのか?



答えはズバリ!


「めちゃヒマそうなタイミング」

「人恋しい、寂しくなるタイミング」



上記の2点です。



ヒマなタイミングとは?


想像してみて欲しいのですが、

あなたがヒマしてる時って、

どんな時ですか?



ヒマしてるタイミングは、

人それぞれですが、例えば・・



通勤電車の中かもしれませんし、

日曜日の夜かもしれませんね。



もしくは連休最終日の夜かもしれません。



まぁ、普段のLINEのやり取りならば

この辺のタイミング狙えば

何も考えずにLINEするよりも

はるかに反応を取ることができます。



ですが!

「死に番」ですから、

できれば、もっともっとヒマなタイミングを

狙っていきたいところです。



じゃあ、どんなタイミングか?



死に番からレスを取るタイミング


あんまり焦らしても仕方がないので、

ズバリ答えを言ってしまうと・・



たとえばGWやお盆休み。

クリスマスや

年末年始などです。



「え!GWって旅行とか行くんじゃないの?」

「お盆は帰省してるよね?」


「クリスマスはパーティーとか

イルミネーションでは?」


「年末年始は実家に帰ってるよね?」


って、思うかもしれません。



でも、完全に逆です。



もちろん、女性の中には、

GWやお盆、クリスマスなどに

イベントが入ってる人もいると思います。



ですが、逆に何も予定が入ってなくて

超~暇してる人って

こーいうタイミングで発生します。



「みんなが充実した休暇を過ごしてるのに、

わたしだけ一人ぼっち。」


っていう状況が一定確率で発生します。



そこを狙うのです。



超~ヒマしてて、

人恋しくなってるタイミングに

メッセージが届いたら、反応率が倍増するんです。



今回のまとめ


死に番になったLINEを

復活させる方法は非常にシンプル。



ただ「生きてる?」って

メッセージ送るだけです。



ただ何も考えずにメッセージ送るのではなく、

ヒマしてそうなタイミングや

人恋しくなるタイミングを狙うのがポイント。


ようするに、女性の事を最大限にイメージして

メッセージを送るのが大事ってことです。



スマホの画面の向こう側には、

一人の人間がいて、その人間と接してるんだ

っていう考え方は、常に持っておいて下さいね!


進藤アラタ



P.S. お盆休み中に進藤のコンサル生さんに

実践して頂いたんですが・・


最初は「え?そんなの本当に通用するんですか?」

っていうリアクションでした。


でも、実践者さんのうち、

半分弱くらいは反応が取れてました。



まんざら悪くない成果ですよね(・∀・)



P.P.S. 反応があった場合の

LINEのメッセージのやりとりの展開については、

要望があれば、いずれ公開しますね!



あ。公開するとしたら、

もちろんメルマガ読者さん優先ですw


→ 進藤のメルマガ登録はコチラ


進藤のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックで応援して頂ければ嬉しいです!



恋愛 ブログランキングへ


 

LINE メルマガバックナンバー    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント