彼氏有り 見分ける 方法

アラフォー男の恋愛テク【進藤アラタ公式ブログ】

  • 90日で100人の女性と出会ってカノジョGet

彼氏有りか?3秒で見分ける方法

読了までの目安時間:約 5分

 

150704ara4_3byou02

From: 進藤アラタ
@横浜のプライベートオフィス

六本木のとあるダイニングバーで、

以前の職場の同僚と呑んでいた時のこと。



パイントで4杯目のギネスを

オーダーしたタイミングで

後輩のマサ(仮)が

ボソっとつぶやいた。


「あの子、カレシ居るかな~?」と。



私からすると、

「狙ってる女性にカレシが居ようが居まいが

まったく関係ないじゃん!」


ていうのが本音なんですが・・・



でも、一般的な男性にとっては、

けっこう大事なポイントなんですよね。



そういえば、過去の私も

同様の価値観を持っていた気がします。

(かれこれ10年以上も前の話しですが^^;)


それはさておき・・



酔いの入ってきたマサが、

ついに愚痴り始めた。


「オレの方がユキちゃんを

絶対に幸せにできるはずなんだよぉ~」


(マサの中では、カレシ居る前提になってる)


「ディズニーランドに

一緒に行きたいよぉ~」



「チューしたいよぉ~」


などなど。


次第にエスカレートしてきたので、

見るに見かねて「とある秘策」

伝授することにしました。



果たして、その「秘策」とは?



あんまりもったいぶっても仕方ないので、

ズバーっと答えを言ってしまうと・・



「カレシが居る前提で質問する」

というのが「秘策」となります。



これだけでは、ちょっとイメージが

沸かないと思うので例を挙げます。



会話例


「休みの日とか、どの辺で遊んでるの?」

まず、コチラから会話を振ります。


「う~ん。新宿多いカモ」

と、女性が返してきたとしましょう。そしたら・・


「へぇ~。カレシの職場が新宿なの?」
 ↑
 ↑
こんな感じで、さらに質問をする。

っていうことです。



こういう流れのトークにしておけば、

カレシ有りの女性なら、

「いや。カレシの家と中間地点で会いやすいんだ。」

という感じで返ってきます。



カレシ無しの女性なら、

「いや。カレシ居ないです。」

みたいな感じで返ってきます。



中には「んーと、友達と会いやすいんだよね」とか、

違う話題に逃げようとする女性も居ますが、

そんな時は再び「カレシ有り前提トーク」で・・



「え!じゃあ、お家デート派?」

みたいな感じで、もう一撃

質問をしてあげればOKです。



あんまり、しつこくやると

「なんか、この人面倒くさい」って

思われてしまいますので注意が必要ですけどね。



今回のまとめ


気になる女性にカレシが居るか?居ないか?を

見極めるおすすめの方法のポイントは1つ。


「カレシ有りという前提で質問する」です。


但し!

女性がなかなか明言しないからといって、

しつこく喰い下がると、ウザがられるので、

ほどほどにしておきましょう。


ターゲットの女性にカレシが居ないことが解っても、

嫌われてしまったら無意味ですからね(苦笑)



それから・・


今回の例では「女性にカレシが居るか?」を

調べるための会話術でしたが、

データを集めれば口説けるってわけではありません。


女性と仲良くなって、

一緒に食事に行くなどして2人だけの時間を作り、

感情を揺さぶって、惚れさせるのが何よりも大事。



目先の問題だけにとらわれずに、

本当に大事なことを

キチンと攻略するようにしたいですよね!


進藤アラタ



P.S. さいきん要らなくなった洋服を廃棄してるのですが、

「よく、こんなダサいの着てたナ」っていう

洋服がぞくぞくと出てきます(笑)


進藤のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックで応援して頂ければ嬉しいです!



恋愛 ブログランキングへ


 

会話術    コメント:1

この記事に関連する記事一覧

コメント1件

  1. こんにちはナオキです。
    私はお目当ての女性が彼氏持ちだった場合は、
    すぐにあきらめていました。
    しかし、今回の記事を読ませていただき、考え方が
    変わりました。
    相手の女性に「さりげなく聞く」というのもアリですが、
    それよりも女性と仲良くなって、2人の関係を深めて
    いくことが大切だと思いました。
    役立つ情報をありがとうございました。
    今後ともよろしくお願いします。
    応援ポチッ

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント