悪 感情 芽生え

アラフォー男の恋愛テク【進藤アラタ公式ブログ】

  • 90日で100人の女性と出会ってカノジョGet

「悪」の感情が芽生えました

読了までの目安時間:約 6分

 

151020ara4_aku02

From: 進藤アラタ

「おはよー

今日から新しい職場だよな。ガンバレよ」



今月から新しい職場に

転職すると言っていたので

応援メッセを送信してみた。



相手はペアーズでマッチングした

31才のマキ。




スレンダーで華奢な身体つきと

切れ長の目に黒髪のストレート。



けっこう好みデス^^



普通に「ありがとう」くらいは

返ってくるかな?と期待したけど

結果は、まさかの「既読スルー」でした。



まぁ、それぐらいなら

もはや別になんとも思いません。



「あ。オレに興味ないのね。

ほんじゃー、次いくわ」となるだけです。



特に深く考えることもなく

サラッと流しておきました。



ところが、次の週の水曜日。



その女(マキ)の方から

「呑みいきたいですね」

というLINEが入ってきた。



「おいおい。

オレの事、スルーしてたんじゃないんかい!」




「何を今さら」という気持ちを抱えつつも、

「おー、いいね。行こうよ」と応じておいた。



なにせ、マキは

わたし好みのルックスですから(笑)




もともと私は、女性からの誘いは

基本的に断らない主義ですしね^^;



日程と場所をざっくり決めてから

呑みに行く前日に待ち合わせ場所を送信。



すかさず既読になったと思いきや

「なんか、仕事がしんどい」

という返事が返ってきた。



んーと、、、


これは、明日の呑みを延期したいのか?

中止したいのか?



それとも、ただ単に

「しんどい」という感情表現なのか?



とりあえず、読み切れなかったので

無難に「大丈夫?」と返して

出方をうかがってみたのだけど・・



またもや、まさかの既読スルー。



「おいおい。

こっちは気づかってるんだけど

そのリアクションはねーんじゃねーの?」




思わず心の中で握りこぶしを固めたが

LINEだからどうしようも無い。



ただただ

マキの出方を待つしかない。





さて・・


こーいうシーンって、恋愛活動やってると

ちょくちょく出くわしますよね?



そこそこ出会いの場を攻略してて

毎週デートしたり、

ゲットできてる私でも

こーいう場面ってのは当然あります。



逆にいうと、ガンガン活動してるからこそ

こーいう女性に出会う頻度って

普通の男性よりも多いと思います。



正直、こういうナメた態度を

取る女性に出会うと・・



「くぉ~の、クソ女がぁ!!」という気持ちが

ふつふつと湧き上がってきます。




と、同時に私の心のなかには悪の感情が

湧き上がってくるんですよ。



「ぜってぇー、この女落として

ヤリ捨てしてやる」と。





だって、考えてみて下さいよ。



ここで、感情的になって怒って終了したら

マキに振り回されるだけじゃないですか。



そんなのマキにとっては

痛くもかゆくもないはず。



それじゃー、あまりにも

悔しすぎるじゃないですか。




だから、私は過去に誓ったんです。



「ムカつく女に出会ったら

全力で口説き落として、

思いっきり捨ててやる」と。



それ以来、私はムカつく女に出会っても

感情的にならなくなりました。



そして、冷静になったぶん

女性を落とせる確率がググっと上昇しました。




人によっては、

「キライな女をゲットしても楽しくねーじゃん。」とか、



「そんな女に時間使ってるヒマあるなら

別の女を攻略すれば?」とか言われることもあります。



たしかにそれも一理あります。



でも、私に言わせれば、

そんなのはただのキレイ事です。




自分を思いっきり見下していたり

邪険に扱っていた女性を征服する気分。



これはこれで、

オスとしての満足感を感じますよ。



世間的に良いか?悪いか?は別として

それは紛れも無い事実です。



おそらく、過去の私が

コンプレックスの塊だったからだと思うのだけど。



ところで、あなたは

イラっとくる女に出会ったらどうしたいですか?



進藤アラタ



進藤のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックで応援して頂ければ嬉しいです!



恋愛 ブログランキングへ


 

メルマガバックナンバー 恋愛コンプレックス    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント