デート 日にち 聞く 失敗

アラフォー男の恋愛テク【進藤アラタ公式ブログ】

  • 90日で100人の女性と出会ってカノジョGet

デートの日にちを聞くと失敗します

読了までの目安時間:約 5分

 

151110ara4_hiniti02

From: 進藤アラタ

デートの終わり際。

合コンの終盤。

パーティーでの会話中。



恋愛活動を頑張ってると

あらゆるタイミングで

女性をデートに誘うことってありますよね。



そんな時に、ついつい多くの人がやってしまう

致命的なミスってのがあります。




ただのミスじゃなくって

致命的なミスです。


その致命的なミスとは・・



「日にち」を聞いてはいけない



タイトルにもなってるので

完全にネタバレなんですが^^;



女性をデートに誘う際に、

日にちを聞いてしまう人が多いですが

これってダメですよ!




なぜなのか?


理由はズバリ!

フラれる確率が跳ね上がるからです。


「日にち」を聞いてはいけない理由


女性をデートに誘う時に

日にちを聞いてはいけない理由ですが、

逆の立場を想像するとわかると思います。



たとえば・・



オフィスの廊下ですれ違いざま。


あなたは部長に声を掛けられました。



「●●君。●月●日ってヒマ?」



この部長がいい人で、仲良しならば

「あ。はい。お昼ぐらいなら時間あります」

と即答できると思います。



でも、一方で・・

  • この部長のことをよく知らない。
  • べつに親しくもなんともない。
  • 特に何かメリットも感じない。

そういう状況だったらどうでしょう?

  • 「いったいオレに何の用なんだろう?」
  • 「なんか面倒くさい用事だったらどうしよう?」
  • 「つまらないイベントに誘われて、せっかくの休みを潰したくない」

おそらく、こんな感情が

頭の中を駆け巡ります。



となると、あなたはどうきり返すか?

  • 「あ。いや。ちょっとその日は用事が・・」
  • 「その日がどうか、しましたでしょうか?」
  • 「まだ、その日は予定がわからないんですよ」

なんとも歯切れの悪い答えをすると思います。



さぁ。女性をデートに誘う場合を

もう一度、想像してみましょう。



「ねぇ。●月●日って空いてる?」

っていう誘い方は、アリでしょうか?




おすすめの誘い方


私がおすすめするのは日程ではなく

「内容で誘う」という方法です。




たとえば、、


「目黒に、サメが居る水槽のあるカウンターバーがあるんだけど

今度、一緒に行ってみようよ。」



「本場イタリア職人が焼いてくれるマルゲリータピッツァ食べに行こうよ」


「TVチャンピオンの下町グルメ王になったオムソバ屋さん、一緒に行こうよ」


こんな感じで、内容で誘います。



内容で誘うことによって、

女性は内容に魅力を感じればOKくれます。



そこから日程を決めていくんです。



コレって、何が違うか?っていうと

女性は、当日何をするのか?が

わかることで、安心するわけです。



そしてさらにOKが出てから日程調整すると

一度「行こう」とOKしている手前。



なんとかして調整しようと

動いてくれるようになるわけです。




今回のまとめ


女性をデートに誘う際は

日にちで誘ってはいけない。


なぜなら、女性は日にちだけの誘いに

不安を感じるし、魅力を感じないから。




じゃあどうするか?


「内容で誘う」のが正解!



内容で誘うことで女性は安心するし、

内容に魅力があれば、

日程調整もしやすくなる。




ということです。



ホントのホントにシンプルなことですが

地味ぃ~に大事なことなんで

覚えておいて下さいね!



進藤アラタ


進藤のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックで応援して頂ければ嬉しいです!



恋愛 ブログランキングへ


 

メルマガバックナンバー 恋愛術    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント