年齢差 カノジョ 条件

アラフォー男の恋愛テク【進藤アラタ公式ブログ】

  • 90日で100人の女性と出会ってカノジョGet

年齢差カノジョGETの3条件

読了までの目安時間:約 6分

 

151120ara4_nenreisa02

From: 進藤アラタ

29才の棋士:吉田正和五段と

51歳かるた女王:渡辺令恵さんが結婚。



年齢差は22才。

しかも女性が圧倒的に年上。


という記事を見掛けました。


年齢差カップルを狙いたい男子としては

「おぉ!」と思ったのではないでしょうか。



ちなみに私自身は年上でも年下でも

自分の好みならば全然気にしないタイプ。



「女子高生」を卒業した女性は

すべて守備範囲だと思ってます(笑)



美人は美人!

不細工は不細工!

キライな女はキライ!



ただそれだけw



まぁ私の趣味嗜好はさておき、、(笑)



今回は10才以上若い女性を狙って

年齢差カノジョGETするための

3つの条件についてお話します。




まずは知り合ってナンボ


今回の吉田5段と、かるた女王の結婚ですが

きっかけは竜王の森内9段の祝福パーティーです。


ここで連絡先交換したのがきっかけ。



ポイントは年齢を問わず集まる場での

連絡先交換ということです。




何が言いたいのか?っていうと・・



「10歳以上、年下がイイ!」とかいいつつ

ペアーズみたいなネット婚活やってたり、

お見合いパーティーに

参加してる人とかいるじゃないですか。



どちらもすごく良質な

女性と知り合う手段なんですが

年齢差っていう観点でいうと不向きなんですよ。



なぜなら、どっちもコチラの年齢が

モロバレする場ですから。



ですから、もし年齢が10才以上若い女性を

狙うならば年齢が表に出ない場で

勝負するってのがポイントです。



たとえば「街で声かけ」とか

「異業種交流パーティー」とか

「合コン」とかになると思います。



「相席屋」もたぶん大丈夫でしょうね。



自分の魅力


「若い女性がイイ!」って思うのは

完全に個人の勝手なんですが

身の程を知らない人もいますよね。



べつに不細工とか年収が低いとか

そういう事を言ってるわけじゃないです。



ステータス無しで知り合う場で

女性を惹きつける必要があるわけですから

たとえばファッションだったり、スタイルだったり

雰囲気だったり、自分自身の魅力は必須です。



女性は「年上だから好き」ではないんです。



「好きな人が年上だっただけ」です。
  ↑
  ↑
この視点が抜けてる人は

まぁまず、若い女性にモテるようにならないです。



自分自身の容姿を磨く努力は

ぜったいにすべきだと思います。



そもそも容姿を磨く意識の無い男性は

女性の容姿うんぬん言う資格ないと思ってます。



年齢相当の振る舞い


「自分自身の魅力」と似たようなカンジになりますが

やっぱり年相応の振る舞いってのもあります。



たとえば大学生同士のデートならば

割り勘でも有りだとは思います。



でも、自分よりも10才、20才年上の男性に

「じゃ、2000円で」とか

割り勘されたら女性はどう思うのか?



「美味しいところ連れてくよ」と誘っておいて

普通に「金の蔵」とか「和民」とか

連れてったらどうなのか?


ってことですよ。


ガツンと年下を狙うからには

逆に、うんと年上の男性に女性が期待することを

キチンと理解して、与えてあげること。




こういう視点はめちゃ大事です。



今回のまとめ


年齢差カノジョ狙いたい人はまず

年齢が表に出ない場で知り合うのが大前提。



あとは、若い男性と勝負しても

総合力では決して負けない魅力を

身に着けていくことが重要ってことです。



理想のカノジョを求めるのは自由です。

頭の中で願望をふくらませるのも勝手です。



でも、もし本当に手に入れたいならば

ソレ相当の価値を差し出す必要があるってことです。



逆にいえば、それさえ出来れば、

ぜんぜん若い子口説けます。



干支一周以上自分より年下でも

ぜんぜん行けます。



今の自分にできることを実行して

望むべき結果を引き寄せていきましょう!




進藤アラタ




P.S.先日の「フラれたカノジョに復縁LINE」ですが

相談者さんより「連絡来ました!」という返事を頂きました。



まず一番、困難な第一歩を乗り切ったので

あとは着実に一歩ずつ復縁への道を

歩んでいってもらいたいと思います^^


進藤のブログを少しでも楽しんでいただけた場合は
クリックで応援して頂ければ嬉しいです!



恋愛 ブログランキングへ


 

メルマガバックナンバー 恋愛術    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント